日立のドラム式洗濯機の仕組みについて

ドラム式洗濯機は年々販売台数を伸ばしている家電ですが、日立を始めとして複数社から発売されており、それぞれのメーカーの特徴や機能については、カタログやホームページを見てもなかなか分かりにくいものです。まずは、ドラム式洗濯機と縦型洗濯機の違いを見ていきます。どちらの洗濯機も洗濯機能と乾燥機能を持っていますが、価格的にはドラム式洗濯機の方が高くなります。ただし、ドラム式洗濯機には縦型洗濯機よりも優れた機能がたくさんあります。まずは、節水できるという点です。使用水量は圧倒的にドラム式の方が少ないのが特徴です。長い目で見れば、水道料金を安くすることが実現できます。ドラム式洗濯機は、縦型洗濯機と比べて乾燥をしっかりと行ってくれるのがメリットです。衣類の傷みや縮みも少ないです。

日立のドラム式洗濯機ならではの特徴

ドラム型洗濯機はさまざまなメーカーから発売されていますが、日立のドラム式洗濯機の特徴を見ていきます。まず、日立の場合はサイズが2種類あります。ドラム型洗濯機は縦型洗濯機と比べて大きさが大きいため、置き場所によっては購入が難しい場合があります。業界最大容量の12kgのものでも、奥行きが62cmしかないので、あまり広いスペースが取れないという方でも検討の余地があります。ただし、横幅は69cmほどあるため、横にスペースがあまりないという方は、11kgまで洗えるタイプのものがおすすめです。こちらは奥行が71cmになりますが、横幅は60cmとなっています。容量が12kgあるものは、シングルサイズの毛布なら4枚一度に洗える容量ですので、家族の多い方や洗濯物が多い方も1度に洗えて苦になりません。

日立のドラム式洗濯機ならではの機能

洗濯機で洗濯したばかりの洗濯物はシワが気になるものですが、日立のドラム式洗濯機は洗い上がりのシワが少ないのが特徴です。これは、風アイロンという機能ですが、普通にアイロンをかけたのと同等とまではいきませんが、シワが無い自然な仕上がりになります。また、ドラム式洗濯機は縦型洗濯機と比べてタオルの仕上がりがとても良いです。空気をたくさん含んだようなふわふわの仕上がりになります。これは、縦型洗濯機で洗って天日干しをした時と比較して大きく違う点です。洗濯をした後にまだ汚れが残っているということがありますが、日立は洗剤、汚れセンサーシステムというのを搭載しており、汚れがある場合は洗濯時間を延長してくれます。自動おそうじ機能もついており、洗濯後にきれいな水で洗濯槽を洗ってくれるのも便利です。

ゴルフ、日用品、食品など幅広い商品をお取り扱い中。 エアコン、大型家電の設置工事も承ります! 楽天ショップオブザイヤー2017で生活家電ジャンル大賞、Yahooショッピング年間ベストストア5位。 人気商品を安く買いたい方に選ばれるネット通販。 1円でも安く!1品でも多く!卸売で培ってきた技術と自社開発で豊富な品数と安さを実現! 一部地域を除き全国設置サービスに伺います。 日立ドラム式洗濯機を購入お考えの方はpremoaで