ココがすごい日立のドラム式洗濯機の特徴

毎日の家事を行なう上で欠かせない家電の一つが、洗濯機です。壊れてしまったり、古くなったりして買い替えをお考えの方は、洗濯機を選ぶ際にまず「縦型にしようか?それともドラム式?」と悩むでしょう。近年販売されている洗濯機を大きく分類すると、縦型洗濯機、ドラム式洗濯機、二層式洗濯機と分けられます。二層式洗濯機洗濯機は、年配の方が慣れているからと使うケースや、とても洗浄力が高いので作業服などを日常的に洗濯する方に使われています。多くの方が迷うのは、やはり縦型洗濯機かドラム式洗濯機かという点でしょう。日立を始め多くのメーカーが縦型とドラム式の両方を販売しており、家電量販店でも洗濯機のコーナーには両方のタイプが多く並んでいます。ドラム型は大きくて置くことが出来ないから縦型、と思われる方も多いのですが、ドラム式でも小型化が進んでいるので両方が選択肢に入れられるのです。

ドラム式をおすすめしたい理由とは?

もちろん両方に良いところがあるのですが、ドラム式洗濯機は、大幅に節水出来ること、衣類へのダメージが少ないことや乾燥が非常に早いことから、よりおすすめします。ドラム式は洗濯槽が横向きで洗濯物を落として洗う方式なので必要な水量がとても少なくなります。日立では、強力なポンプを使った洗浄方式を使っているタイプは襟や袖汚れ泥汚れに強く、温水でのミスト機能が付いたタイプでは黄ばみを除去してくれるので、お子様が目一杯遊んだ後の洋服や、うっかりの食べこぼしに適しています。また、乾燥機能も縦型より早く乾燥が可能なので、乾燥機能をよく使う方はドラム式を選ぶべきです。日立の特徴的な乾燥機能に、風でアイロンのような仕上がりにする機能があります。強い風でシワを伸ばし、洗濯機から出してすぐに着ることが出来るというとても便利な機能で多忙な方も安心です。

ドラム式洗濯機は日立の製品なら快適な仕上がりに

その他にとても便利な機能として、汚れや洗剤を自動で判別してくれるシステムが搭載されている機種があります。近年、洗剤は粉だけではなく液体タイプも種類が多く、香りも様々です。衣類の種類や気分によって使い分けている方も少なくないでしょう。しかし、液体と粉では適切な時間が若干違ってきますので毎回設定を変更することになります。うっかり設定を忘れることや間違えることもあるので面倒ですよね。日立のドラム式洗濯機にはこのような悩みを解決してくれるセンサーが搭載されているものがあります。自動で洗剤の種類を見分けてくれるだけではなく、ひどい汚れの場合、すすぎ時の水の状態から洗う時間を追加してくれるのです。皮脂の汚れが目立つ日や食べ物の汚れなども、しっかり綺麗に落としてくれます。このような最先端の機能を使って、簡単に最適な洗浄が可能なドラム式洗濯機で衣類を快適に保ちましょう。