洗濯機なら日立のドラム式洗濯機が選ばれる理由

ドラム式洗濯機の特徴は少ない水で洗う事ができるというものです。また縦型よりも多い量を洗う事ができる上に、乾燥機能付きとなっています。乾燥機を使ったら、お金がかかると思われますが、ヒートポンプ乾燥を搭載している場合、低コストで乾燥することができます。日立で採用されている乾燥の機能はヒートリサイクルという名称になっていますが、これはヒートポンプ同様の省エネ性能を実現しているシステムです。運転時に発生するヒーター、ジェットファン、メインモーターの熱を回収して、乾燥時の温風に再利用しており、消費電療量が低減されています。そして風アイロンと呼ばれる、乾燥時に熱だけでなく高速の風を利用して衣類のしわを伸ばし、アイロンをかけたような仕上がりとなります。また洗濯でも少ない水量でもしっかり落ちるような勢いの水と洗剤や汚れの種類を認識する機能や温水を使って洗濯をする機能もあります。

日立のドラム式洗濯機は、洗濯の理にかなっている

クリーニング屋さんの洗濯は、40度近くの温水を利用して洗濯をしています。これは皮脂汚れなど、体温以上の温度になると溶けだす汚れがあるためです。また漂白剤の効果は温水の方が活発に発砲するため、効果が高くなります。また液体洗剤が多くなりましたが、それでも粉洗剤は温水の方が溶けやすく、液体洗剤でも温水の方が広がりは良く、選択の効果が高まります。ですから日立のドラム式洗濯機に採用されている温水機能は洗濯の道理に沿っています。また高速回転と二種類のシャワーでしっかりすすぎをしますので、さらに汚れや洗剤残りの心配が無くなります。このように洗濯機の機能として非常に高い性能を持っています。ただし機種によっては付いていない機能もあるので、購入の際には確認が必要です。こちらは公式サイトからも確認ができます。

日立のドラム式洗濯機は洗濯機自体を掃除するので清潔に使える

日立のドラム式洗濯機の特徴は洗う、すすぐ、乾燥だけでなく、洗濯機そのものを洗うという機能です。洗濯層は毎日、水気をともない、通気性が、まして直射日光を浴びて日光消毒ができるわけでは無く、まして分解することはできないものです。そうなれば菌やカビなどが繁殖することになりますが、自動おそうじ機能を使用すれば、洗濯後毎回、洗濯層の掃除もしてくれます。こうすることで黒カビを洗い流します。洗濯機の自動おそうじ機能で使う水の量は9リットルで、時間は8分ほどです。省エネ、節水の観点からは疑問い思うかもしれませんが、長く洗濯機を使えるという点と、洗濯機の衣類を綺麗にするために、洗濯機も綺麗であることは、とても助かる機能です。ただしドラム型は屈んで使用する点や、扉が前に開くので、場所を考える必要がある点は、しっかり考慮する必要があります。